ミカンに含まれるヘスペリジン

「ヘスペリジン」は、紫外線から果実を守るポリフェノールの仲間です。まだ、熟していない青いミカンに多く含まれていて、中でも皮の内側の内果皮に多く含まれています。オレンジやライムなどの柑橘類にも多く「ヘスペリジン」は含まれています。何も知らないと、簡単に捨てられてしまう皮と白いスジには、果実のビタミンCと変わらないくらい貴重な成分が含まれているのです。

'); define("P_END", '

'); ?>

さて、この「ヘスペリジン」は、簡単に言えば、血管を鍛える作用を持った物質です。毛細血管の抵抗力強化、血流改善効果、骨密度の減少抑制効果、冷え性改善、血中コレステロール値の改善、抗アレルギー作用、発がん抑制作用などの作用があるといわれます。血管が鍛えられるのか、疑問的な言葉ですが、血管も体と同じように老化現象があり、年齢を重ねるとともに、衰えてきて病気になるのだと言えばわかりやすいでしょう。

'); define("P_END", '

'); ?>

ヘスペリジンの必要性

現代の日本人の三大死因の一つに血管に関わる疾患があげられます。バランスの悪い食事や運動不足、過度のストレス、不規則な生活などの生活習慣が原因で老化は進みます。これを放っておくと、大変な病気になり最悪は、死に至るのです。血管を健康に保つことで、様々な病気を予防することが出来ます。しかし、規則正しい生活やストレスレスな社会などは中々難しいものです。そういった環境で、ヘスペリジンを摂取することは、血管の力を鍛えることにつながります。肌質改善にも効果があるといわれており、血管を健康に保つために必要な成分です。何もしない生活より、正しいセルフケアで健康な血管を保ちましょう。

'); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?>

ページの先頭へ